お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.188

天然木の温もりが心地いいデザインハウス(Oさま)

アイボリーとレンガの優しい色合いが落ち着く外観|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=藤本/現場監督=広瀬/コーディネーター=南

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけを教えてください。

ご主人:東京に住んでいたのですが、転勤をきっかけに、地元がこっちなので建てようかとなりました。

 

インタビューアー:土地探しはどのようにされましたか。

奥さま:インターネットで探して、一番最初に目についた所がここで、最終的にやっぱりここかなってなりました。

 

インタビューアー:土地探しで重要視されたところはどこですか。

奥さま:通勤できる範囲内で、希望の学区だったり子育てがしやすい環境であるところや、閑静な住宅街がいいなと思いました。

窓からの光が明るく奥行き感じるリビング|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

奥さま:木が好きということもあるのですが、温かみのあるお家を一番作ってらっしゃって、イメージに近かったのが穂高さんかなと思いました。
営業さんもすごく親切にしてくださったのですごく信頼を置けるなとも思いました。

 

インタビューアー:他のハウスメーカーさんとはどういったところを比較しましたか。

ご主人:あまり知識はなかったのですが、いろいろ教えてもらう中で基礎や性能といったところは見ていきました。

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

奥さま:やっぱり広さですね。
マンションでしか生活してなかったので、広さの確保が難しかったです。
子どもたちの足音とか騒音も気にしてました。

 

インタビューアー:新しいお家でその不満は解消されそうですか。

奥さま:一軒家にもなったので、足音も多少は気にしなくてよくなったかなと思います。

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

ご主人:全体的に気に入ってはいますが、外の階段ですかね(笑)
駐車場からつながったので良かったです(笑)

奥さま:割と私の好きにやらせていただいたので全部なんですが、木が好きなので天然木をたくさん使えたのが良かったです。

インタビューアー:クロスの使い方もおしゃれですが、どのように情報収集されましたか。

奥さま:今みなさんSNSで発信されているので、そういったものを休みの日に見たりして参考にしました。
サンプルの量が膨大で全部見ていたらきりがないので、ある程度のイメージは決めて、ネットから情報収集しそれに近いものを探していきました。

木目調のクロスがカワイイトイレ|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:キッチンの折下げ天井やハイドアがいいですね。

奥さま:穂高さんの施工例で見ていいなと思いました。
ハイドアはお勧めしてもらったのですが、空間が広く感じるお家が良かったので、ハイドアにすることで視覚的にも広く見えるので良かったです。

インタビューアー:パントリーの垂れ壁もかわいいですね。

奥さま:そうですね、これは私が希望させてもらいました。
キッチンがもともとアイランドキッチンが良かったのですが、広さを確保するのが難しくて。
そしたら設計士さんがこの回遊できるパントリーを提案してくださいました。

インタビューアー:玄関にも手洗い場を作られたんですね。

奥さま:はい、こういうご時世だし返ってきてすぐに手を洗う習慣をつけたくて作りました。
周りに水が飛び散らないか心配ですけど(笑)

タモの天然木一枚板を使ったダイニングテーブルと回遊できるアールの垂れ壁のパントリー|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
玄関に作られた造作の洗面台とおしゃれな階段のルーバー|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
インタビューアー:2階はどうですか。

奥さま:いろいろ願望はあったのですが、家を建てる途中に妊娠がわかって部屋数を取りたいというのがあって、子どもが巣立つまでの十数年間、小さい部屋を3つ作るよりかは、1部屋は間仕切りできるようにして後から用途別に使えるようにしました。

インタビューアー:眺望もいいですね。

奥さま:1番いい場所は主寝室でとったんですけどね(笑)

真ん中で仕切れば2部屋としても使える|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:天然木一枚板を使ってどんな家にしたかったですか。

奥さま:冷たい雰囲気よりも温かみのあるお家がいいなと思いました。
やっぱり家族が集まるというか家にいたくなる家づくりがしたかったです。

 

インタビューアー:今回天然木一枚板はどこに使いましたか。

奥さま:ダイニングテーブル(タモ)とキッチンカウンター(タモ)と、カウンター(栗)と洗面台(ウォルナット)、玄関の手洗い場ですかね。

ダイニングテーブル、キッチンカウンターとスタディカウンターは天然木使用|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
造作のウォルナットの洗面台と脱衣室から続くファミリークローク|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:こちらの天然木を選ばれたのはどうしてですか。

奥さま:私の好みの色味を伝えたら、職人さんがおすすめのいいものを提案してくださいました。

 

インタビューアー:天然木の感想をお願いします。

奥さま:想像以上に素敵でお願いして良かったなと思います。

ご主人:味があって素敵です。

ハイドアが高さを出し木目の折下げ天井が奥行きを出す開放的なキッチン|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

奥さま:途中とかでも臨機応変に対応していただけたなと思います。

 

インタビューアー:新しいお家でやりたいことはありますか?

ご主人:2階にプロジェクターをいれて寝室をシアタールームにしたいなと思っています。

奥さま:うん、ゆっくりできるのは何年後か分からないですけどしたいですね(笑)
あとは子どもに「走らない!跳ばない!」とがみがみ言わなくていい生活を送りたいですね(笑)

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:奥さんに任せるのがいいと思います(笑)

奥さま:途中、疲れてきて中だるみの時期もあったんですが、5年後10年後の生活もイメージしながらコツコツと進めて、プロの専門の方たちのアドバイスももらいながら進めていったら希望に叶った家ができるんじゃないかと思います。

インタビューアー:ありがとうございました。