お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.88

贅沢さを感じるホテルライクな家(Yさま)

折り上げ天井のあるリビング、オープンタイプの階段にはおしゃれなアイアンの手すり、床は大理石調のフローリング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

※営業=清水(華)/現場監督=三上/コーディネーター=松葉

インタビューアー:本日はお引き渡しということで、誠におめでとうございます。

奥さま:ありがとうございます。

インタビューアー:まずお家を建てるきっかけを教えてください。

奥さま:子どもが2人の予定で建てた新しい家があるんですけど。まさかの下の子が双子だったので、部屋数は足りないし家も狭かったので、主人に相談したら主人から穂高住販さんに連絡してもらって話が進んでいきました。

インタビューアー:新築を建てておられたのに、新しい家を建てるのは、凄く勇気が必要だったのではないでしょうか?

奥さま:勇気は必要でした。私のSNSでも『勇気要りませんでしたか?』というコメントをいただきました。でも担当の営業さん達が凄く親身になって、お金のことも細かく計算してくれて、お金面でクリアになったので契約することができました。

インタビューアー:土地探しは大変でしたか?

奥さま:土地探しは1番苦労しましたね!平坦な道が良かったのと、子ども第一に考えたかったので、車通りが多くないこと、近くに公園があることを重視して探しました。これも穂高住販さんが親身になって、ひとつひとつ探してくれたので、この土地が見つかりました。

リビングにエコカラット、オープンタイプのシステムキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:新しいお家でこだわった部分を教えてください。

奥さま:モノトーンが大好きなので、白と黒を基調にした家にしたいと思っていたんです。あと床は絶対この床(大理石調のフローリング)がいいと決めていたのと、部屋が広く見えるようにこだわりました。その他は子どもが3人なので、寝室を私たち夫婦を含め4つは欲しかったんです。またいずれは仕切れるように、10帖くらいの大きな部屋を作ってもらいました。

ご主人:化粧梁を和室に使ったりとか、玄関・リビングはリアルな陰影感のあるデザイン壁材、洗面所はエコカラットを使うなど、クロスをなるべく使わずに贅沢な空間になるようにしました(笑)あとは嫁さんの夢だったオープンタイプのリビング階段です。また既製品の手すりは嫌だったので、知り合いの鉄鋼屋さんにお願いして、オリジナルの手すりを作ってもらいました。

エコカラット、土間収納|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
浴室と洗面室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
和室の天井に化粧貼り、屋根付きのバルコニー|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

奥さま:あとは収納が欲しっかたです。リビングとキッチンに1個ずつ作ってもらったりとか、洗面所にも収納を作ってここにパジャマなど一式まとめて入れておいたら、お風呂上がりにすぐに着替えれるとか、そういうところにもこだわりました。あとは和室です。和室の天井を通常より高くしたんですよ。リビングがピカピカしてるので和室で落ち着けたらいいかなと思って化粧梁も入れたりして、洋和風に仕上げました。

インタビューアー:畳の色もこだわっておられるように感じました。

奥さま:そうなんです。この色が絶対に良くて、オプション対応にしました(笑)あとキッチンのライトも私が付けたかったもので、電気を消すと天井に海辺のような模様が映るのが凄く好きで、子どもが寝たら主人と2人で晩酌をするとか、ムーディーで『いいかな〜』と思っています。あとはオープン階段下に勉強机を置きたいです。部屋にこもって欲しくないので、リビングで勉強して欲しいんですよ。家族全員一緒にいたいと思っているんです。あとはキッチンはパナソニックのIH3連コンロなんですけど、他のキッチンと違ってコンロから手前までの距離が長いんです。なので鍋とか置いても取っ手が出ないので、仮に子どもが入ってきても引っ掛けたりしないかなと。それからフラットなので掃除が凄く楽なのもいいですね。フルフラットキッチンなので作業スペースも大きいですし、リビングの家族の状況も見れるので、そういうのもこだわりました。リビングの折り上げ天井もアクセントにグレーを入れるなどしました。カーテンは明日届くんですがバーチカルブラインドにします。そのためにカーテンボックスもつけてもらったんです。天井まで高さがあるからリビングが広く見えるんですよね。オプションですけど、おしゃれでしょ(笑)そしてこの外には防犯シャッターがあるんですけど、朝と夕方と1日2回作業するじゃないですか。それを毎日って手動だったら凄く大変なので、電動にしたんです。これは付けて良かったと思っています。

スケルトンタイプの階段にはおしゃれなアイアンの手すり、壁には便利なニッチカウンター|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:階段手すりですけど、2階の廊下まで全て設えたんですね。

奥さま:格好良さはあるんですけど、子どもが小さい時は危ないので、落下防止用のネットを張るつもりです。

インタビューアー:それでも抜け感があるので、下から見ると開放感がある空間の演出をしていますね。

奥さま:そうですね。壁じゃないので、2階で遊んでいる子ども達の遊んでいる声が聞こえたりとかね。

インタビューアー:天然木工房でダイニングテーブルに使っている天然木一枚板(ウォールナット)を見つけられたんですか?

奥さま:主人と2人で行って、木を決めました。でも木がいっぱいあったので、決めきれないと感じました(笑)なので自分のイメージの画像を探して見せたら、いろいろと絞ったものを見せてくれました。ですから凄く選びやすかったです。

インタビューアー:天然木一枚板はダイニングテーブルにしようと決めていたんですか?

奥さま:はい。ダイニングテーブルと決めていました。家のコンセプトがモノトーンだったので、モノトーンで木が合うのかなと思っていたんです。いろいろと試行錯誤をしてイメージを膨らませた結果、アクセントとして天然木一枚板のダイニングテーブルを置いてみようかなと、ピン!ときました。

リビングにエコカラット、オープンタイプのシステムキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:思い描いていた間取りはありましたか?

奥さま:今の家ではリビングが狭かったのが、凄く後悔していたので、とにかくリビングを広く取りたかったです。あとは和室がなかったので、やっぱり日本人は畳なので、和室が欲しかったんです。要望を伝えたら、伝えた分だけのプランを出していただけましたので大満足です!

インタビューアー:ではその思いは完成したこのお家をご覧になってどんな感想を抱きましたか?

奥さま:完成するまで18帖、20帖ってどれくらいだろうと、大きさが分からないので考えていました。なので、穂高住販さんがしているオープンハウスを見学に行ったんですね。そしたら大きさのイメージが湧いてきたので、今のリビングの大きさが決まりました。

インタビューアー:これからお家を建てようとしてる方にもオープンハウスはお勧めですか?

奥さま:間取りや広さもですけど、収納は見といた方がいいです。浴室は子どもがいるなら、少しでも大きなサイズがいいかなと思います。あとは建てる前に、本当〜〜〜にオープンハウスを見に行った方がいいです!実際のものを見る方がイメージがつきやすいし、あとは金額を抑えたいからといって、延床面積を小さくしないで欲しいです。私が1件目を建てた時にそうだったんで、それで凄く後悔したんですよ。仮に100万円増えたとしても35年ローンなら月々3,000円くらいの増なので(注:インタビュー時の概算です)、そういうのを抑えない方がいいです。人様によって事情はありますけど、本当に後悔しない家づくりをして欲しいです。

インタビューアー:最後にこのお家を『なんとかの家』というならどんな家でしょうか?

奥様:ホテルライクな家です!

インタビューアー:ありがとうございました!

施工事例を見る施工事例を見る