お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.72

広いリビングが魅力のドッグランスペースがある家(Kさま)

ドッグランスペースのあるシックな色合いの家※営業=清水/現場監督=三上/コーディネーター=西田

インタビューアー:インタビューを始めさせていただきます。まずですね、お家を買おうと思われた理由を教えてください。
奥様:正直でいいですか?正直に言うと、家賃を払うよりかは家を持ったほうが良い。家賃というかマンションとか借りてお金をどんどん払っていくよりかは、自分らで家を物として払い終わったら最終的にずっと住める、無駄がないようにしていきたいっていうのと、家族も持ちたかったので、犬も飼っているし。そういうので、大きい家が欲しいなぁ~って。
インタビューアー:大きい家だと確かに思うんですけど、土地を探されるときに苦労されたこととかありますか?
ご主人:あんまりやな(笑)
奥様:ほとんど、こう、皆さまにいろいろ選んでもらって、良いなって思うのがあって、いろいろ絞りつつ、ここに決めました(笑)やっぱり本当は家付(古家付の土地)はよろしくなかったけど、でもまぁそれなりの大きさもあるし、うちらの理想はここで叶うかなと思ったから。

 

庭にはドッグランスペースを設置
明るく広いリビングダイニング
インタビューアー:どういったところをお家を建てる中で、理想を詰め込んでいったんでしょうか?
奥様:ん~難しいな。京都の家って言ったらやっぱり狭いって言うイメージがあるんですよね。お互い結構広い家で育ってきてるんで、広い家があって、かつ庭があって、ガレージもあるっていうのが理想だったので、そこから選んだ感じですね。これくらいだったら理想が叶うだろうって。
インタビューアー:ドッグランって聞いたんですけど、あそこの人工芝のところですか?
奥様:そうです。あそこを仕切ってぐるぐるぐるぐる回ってもらおうかな。
インタビューアー:今ワンちゃんは実際に……
奥様:います。
インタビューアー:あ。ちなみに?
奥様:マルプーちゃんです。
インタビューアー:おお~かわいい!その他にどういったところをこだわりましたか?
ご主人:これ(畳コーナー)やってください、くらいやな。
奥様:和をちょっと入れてほしいっていうのがあったんで。

おしゃれなアイランドキッチン
ウォークスルータイプのクローゼット
ウォークスルータイプのクローゼットの壁紙は遊び心が光るワンピース柄
西田:最初からカウンターとテーブルの天板選んではりましたもんね。
奥様:そうそう。アイランドキッチンのカウンターをどうするかっていう(笑)和が無いなって思ったので、ここに無理やり作ってもらいました。あと、あの、寝室のぐるぐる回るやつ(笑)
インタビューアー:ぐるぐる?
奥様:ぐるぐる回れるんです。ウォークインクローゼットにドアがないから。
インタビューアー:ウォークスルータイプですか?
奥様:そうです、そうです。ちょっと外国風?の部分も入れてもらったんです。和・洋をどっちも入れてもらったって感じですかね。

 

天然木一枚板のダイニングテーブル
インタビューアー:天然木を選んでいただいたところなんですけれども、弊社の天然木のサービスはどのように感じられましたか?
奥様:めっちゃ良い(笑)やっぱりなかなか天然木ってお金はかかるし、そこに置いてあるものでやってくださいってなると、オーダーメイドになってそれもまた高いし。かつインテリアに合わせてくださいって注文した上でやっていただけるっていうのが良い。脚とかも綺麗にやってもらったし。和室もやっぱり、建具に合わせた色にしてもらって。ただただ天然木だけを見に行ってやってもらうんじゃなくて、セットでやってもらうっていうのが良かった、家に合わせてもらえる、融通が利く。それに家に合わせられるからお金がかからないっていう(笑)
ご主人:完璧なことやな。
西田:これも最初2mあったけど、そんなあったらスゴイことになるって言って、計算してサイズ決めましたもんね(笑)
奥様:ほとんどやってもらった(笑)本当に家に合うようにしてもらいました。
インタビューアー:天然木は最初から選ばれました?
奥様:そうです。行かせてもらって、「こんなんありますよ」って言われて、「じゃあこれで」って(笑)とりあえずキープしといてもらって良いですか?って(笑)
インタビューアー:すごくパッパと選ばれた印象があります(笑)
奥様:いま良いのこれしかないよって。2、3種類くらいかな。それで選んだ感じ。でももう本当にめちゃくちゃ良いですよね、このテーブル。なかなかないんで。これくらいのテーブル買うだけで、普通の天然木じゃないのでも高いんで。それがまぁなんと、家についてくるっていう(笑)ある意味自慢ができる。親にも自慢できるし。

 

スキップフロアの和室には天然木一枚板のカウンターを設置
インタビューアー:ありがとうございます。話を変えさせていただいて、お打合せの際のエピソードとか思い出に残ってることがありましたら。
奥様:大半が私しかしゃべってない(笑)
西田:私と奥さんと…(笑)でも奥様が思いつかはった、「これ(畳の色)緑はまずいなあ」はナイス!ナイス!
奥様:本当にまずいと思った。
インタビューアー:畳がですか?
西田:これオプションの色付を選べるやつ。赤ちゃんとかワンちゃんが何かこぼしても拭けるし、緑やったら浮くなあって。
奥様:おかしい!おかしい!絶対おかしい!って(笑)
インタビューアー:壁紙とかと色味が合ってて
奥様:これナイスでしたよね。ねずみ色。
ご主人:壁紙も意外と適当に選んだけどな。
奥様:そう、意外に壁紙も。やっぱ想像でしかいけなかったんで、やってもらっても「分からん!」って(笑)分からんけど、これならいける!って、で、こういう感じになったっていう。なんか良くなった(笑)エピソードではないですけど、やっぱコーディネーターさんのおかげです本当に。これ合いますかね?って(笑)まぁでも最後に壁紙が廃番になっちゃって…(笑)長くなれば長くなるほど色んなハプニングは起きると思うので、しかも結構ぱっぱっと決めっちゃったんで。まあすごい不安でしたけど、ここは言った瞬間に「お!すご!良かったじゃん!」みたいな感じになりました。

 

家事をしながらリビングが見渡せるキッチン
インタビューアー:最後の質問なんですけど、このお家全体を一言というか、何か表すとすると、どんなお家なのかなと。
ご主人:難しいな。
奥様:ちょっと考えてもいいですか?キャッチコピー…?
インタビューアー:どんな風な思いで建てられたかとか、
ご主人:リビング広っ!って思った(笑)
奥様:それだけ?(笑)
西田:みんなここに集まりますよね。
奥様:多分ずっとここに居れる!みんなが集まれる空間がある家なので、ワンちゃんも見えるし、寝てても見えるし。開放的な空間かつ、監視できる空間でもあるし。私にとって良いリビングです。
インタビューアー:ありがとうござます。
おふたり:ありがとうございます。