お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.208

木目にあふれた自然を感じる家(Tさま)

レンガ調のベランダやポーチがかわいい外観|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=峰本/現場監督=三上/コーディネーター=南

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけを教えてください。

ご主人:もともと転勤で地元に帰ってきたのでそのタイミングで家を建てたいなと思っていました。

奥さま:それで上の子が小学校になるので学区を確定したいなと思いました。

 

インタビューアー:家づくりで重要視したところを教えてください。

ご主人:ずっと住むのでリビングは20帖近くは欲しいなと思っていました。

 

インタビューアー:土地探しはどのようにされましたか。

ご主人:穂高さんにお願いして探してもらいました。

 

インタビューアー:土地探しで重要視されたところはどういったところでしたか。

ご主人:京都は土地が狭くて3階建てが多いのですが、2階建てが良かったのでそれくらいの広さがあって予算以内に抑えたいなと思っていました。
あとは今の家から近いという所です。

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

奥さま:他のところが3階建てが得意なハウスメーカーが多くて3階建てばかりだったのですが、穂高さんは2階建てがいいという要望を聞いてくださったのでそういったところです。

 

インタビューアー:以前お住まいだった家での暮らしを踏まえて今回活かされた点はありますか。

ご主人:今の1個前に住んでいたところが結構良かったのでそこを参考にした点はあります。

インタビューアー:例えばどういった点ですか。

ご主人:玄関から入るとL字型で奥が見えなかったところです。
あと階段を子どもたちが帰ってきても1回リビングに入って『あっ帰ってきたな』とわかるようにリビング階段が良かったんです。

玄関の間取りをL字にすることで中が見えない|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
リビング階段にすることで家族の帰宅がわかり安心|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

奥さま:梁見せです。
これはしたかったんです。

ご主人:天井も高く見えるしね。
僕もリビングの感じが気に入っています。

奥さま:ライトもダウンライトをおすすめしてもらいました。
せっかく梁見せしたから電球が出っ張ってると目立つかなって。

インタビューアー:アクセントクロスが印象的ですね。

奥さま:今モノトーンなお家が多いけど、そういうのよりは木とか白がいいなと思ってアクセントクロスに木目を採り入れました。
子ども部屋もずっと使えるようなアクセントクロスにしましたし、広さもずっと居続けないくらいのちょうどいい広さにしました。
広くて居心地が良いとリビングに降りてこなくて家族の時間が減りそうなので(笑)
あと寝室は天井を木目にして落ち着かせました。

インタビューアー:どのように情報収集をされましたか。

奥さま:全部コーディネーターさんに教えてもらいました(笑)
とにかくリビングを広くして梁見せしたいっていう以外のこだわりがなかったんで(笑)

木目調のクロスがアクセントのリビング|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
さりげない木目のクロスが長く使える子ども部屋|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
寝室は天井を木目調にして落ち着いた雰囲気に|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:階段をあがると、ドアの沓摺りがないだけで、扉を開けていると開放的に感じますね。

奥さま:明るさもあるからですかね。

ご主人:土地の両サイドが開けていて開放的なので2階が明るいです。

インタビューアー:他にはどうですか。

奥さま:キッチンです。
梁見せするならIHにしなくちゃいけないってことでIHにしたんですが、ずっと使う物だからちょっとグレードのいいやつにしました。
掃除がしやすくなっていてグリルも全部取れてがっさり洗えるんです。
ごみ箱も下に隠せる物にしてもらいました。
最初は上の収納棚もつけたかったんですけど、かわいい食器とか置いたりしないし、とりあえず隠したくて(笑)

ご主人:置きすぎて窮屈になってもいけないし開放的にしたかったんです。

キッチンは掃除などのお手入れがしやすい仕様|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:今回天然木はどちらに使いましたか。

ご主人:カウンターとダイニングテーブルです。

 

インタビューアー:こちらの天然木を選ばれたのはどうしてですか。

ご主人:木目と曲線です。
程よくダイニングテーブルに使えそうな感じなので。

奥さま:最初穂高さんのお店でこういう机があって『こんなんいいわ~こんなん欲しいわ~』って思ってたら『選べます』って言われて、しかも木を自分で選べるってことだったので内心『よっしゃ!』て(笑)

インタビューアー:どういった用途でこちらのカウンターは使われるんですか。

奥さま:あそこで勉強したり色々出来たらなと思いました。
ダイニングテーブルではしてほしくなかったんです。

インタビューアー:ダイニングと異なる木の種類を使われたんですね。

奥さま:ピンクっぽくて木目の色味がすごくきれいで。
できてみたら全体的に床とかと色合いが合っていて良かったです。

ご主人:ダイニングテーブルも出来上がるまでどうなるか分からないってことだったんですけど、たまたま壁といい感じに合っていて。

 

インタビューアー:天然木の感想をお願いします。

奥さま:めちゃくちゃ思った以上に良かったです。

ご主人:ちょっと長めにしてもらったので大きくてひじも当たらないから、ちょうどいい大きさです。

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

ご主人:全部良かったです。

奥さま:1から10までね(笑)

天然木のダイニングテーブル|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
天然木のスタディカウンター|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:新しいお家でやりたいことはありますか?

ご主人:ガレージでプールとかしたいですね。

奥さま:子どもたちがかくれんぼしたいって言ってました(笑)

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

奥さま:アドバイスしてもらった側だからね(笑)
でもずっと住む家だしやりたいことやったほうがいいと思います。

ご主人:作りたい家があるのなら家のカタログとか雑誌をしっかり見ながらやってもいいと思います。
僕たちは全部直感で決めたので(笑)

奥さま:でもその割にはいい家が出来て良かった(笑)

インタビューアー:ありがとうございました。

セレモニーでスタッフとの記念撮影|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家