お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.197

収納上手なアイデアがつまった小上がりのある家(Nさま)

下がり天井のリビングとダウンライトでスッキリと見せたLDK|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=清水/現場監督=山之内/コーディネーター=南

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけを教えてください。

ご主人:子どもも増えたのでもう少し大きな家に住みたいと思ったことがきっかけです。

インタビューアー:家づくりで重要視したところを教えてください。

奥さま:陽当りです。

 

インタビューアー:土地探しはどのようにされましたか。

奥さま:もともと母の土地を譲り受けたので土地は決まっていました。

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

奥さま:最初の営業さんの印象です。
その後も設計士さんとしゃべりながら間取りの要望を聞いてもらえたのが良かったです。
他社では初めに設計士さんと話して、それ以降は他の方だったので、設計士さんからこんなに説明してもらうことはなかったので、その辺が良かったです。

キッチン天井は木目調クロスでおしゃれに|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

奥さま:特にはなかったのですが、子どもがやんちゃになって走り回るようになってきて、手狭になったところですね。

ご主人:気密性があまり良くなかったのか窓からの隙間風が寒かったです。

 

インタビューアー:新しいお家でそういった不満は解消されそうですか。

ご主人:南側に1番長く居るリビングを持ってきて陽当りを良くしたり、階段やキッチンから光を採れるようにしました。

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

ご主人:ここのカウンターやテレビボードです。
ケヤキで作ってもらいました。
今の家ではカラーボックスを複数繋げてテレビ台として使っていたので、新しい家でも同じように使うと思うのでしっかりした造りで作ってもらいました。

奥さま:あんだけ陽当りって言ってたんですが(笑)
2階のウォークインクローゼットは、寝室と廊下から入れるようにこだわりました。
広くとってもらえたので、夫婦だけではなく家族の収納として使おうと思っていたので、みんなの荷物をそれぞれから出せたほうがいいかなと思いました。

部屋からも廊下からも出入りができる2WAYクローゼット|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:他にはどうですか。

奥さま:室内干しするのが前提なので、洗面室にも洗濯用のポールをつけられたらなと思っていたので、それが気に入っています。
あとは階段下収納ですね。

ご主人:玄関ですね。
土間収納を広くとってベビーカーを帰ってきて、そのまま置けるようにしました。
それと帰ってきてすぐに手洗いができるように、玄関に手洗い場を造りました。
お客さんが来た時にも奥まで案内しなくてもいいし、造って良かったです。

脱衣室には家事動線を考えた物干しバーを設置|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
玄関に手洗い場を設けた便利な動線|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:小上がりの畳にされたのはどうしてですか。

ご主人:収納がとれるというのが一番ですね。
畳の部屋は1か所は設けたいなという話を妻としていました。
完全に和室として個室にしても、使わなくなったらもったいないので、リビングと一体化して収納も取れていいかなと思いました。

 

インタビューアー:この化粧柱はどうしてつけられたのですか。

ご主人:極力壁を取っ払ったリビングにしたかったので壁をなくしてもらったのですが、耐震の面で柱が一本必要だったのでつけました。
それでむき出しのままにするか化粧柱にするかだったのですが、ここだけ浮いても嫌だったので似てる色を選んだら見事にばっちり合っていて良かったです。

小上がりの和室は床下収納が豊富|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:天然木は以前からご存知でしたか。

ご主人:そんなには知らなかったですね。

 

インタビューアー:こちらの天然木を選ばれたのはどうしてですか。

ご主人:机の板を見に行ったときに、これとこれだったらうまくいきそうと工房の方とも話して取り入れていきました。
木を選んだ時点では磨いてもいないし、どんな仕上がりになるかイメージつかなかったのですが、仕上がり見ると木目だったり木の縁の形だったり、すごくきれいな仕上がりで味があっていいなと思います。

天然木のカウンターとテレビボード|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

ご主人:何かあったら営業の方に連絡を入れたらすぐ返ってきたことです。
なので不自由なくいろいろ気兼ねなく相談も出来ました。

 

インタビューアー:新しいお家でやりたいことはありますか?

ご主人:小さい子どもが大きくなっていく家なので、やんちゃに走り回ると思います。
でも走り回っても危なくないように角も丸くなっていますし、元気にのびのび遊んでる姿を眺めていきたいです。

奥さま:おじいちゃんみたい(笑)

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:思ったことはぜんぶそのまま言ってみると形にしてくれるので、あれこれ悩む前に相談していくといいと思います。

奥さま:やりたいことをメモして持って行ったのですが、今の住んでる家のいいところや、やりたいことを書いて言い忘れのないようにしたので、それがよかったかなと思います。

インタビューアー:ありがとうございました。

ベージュとブラウンのコントラストがスタイリッシュな外観|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家