棟上げとは、木造住宅を建てるときに、柱や梁など骨組みを建てた後、棟木(むなぎ:屋根頂上部の水平な木材)を上げること。もしくはその時に行う儀式をいいます。その儀式は、別名で上棟式(じょうとうしき)や建前(たてまえ)と呼ばれることもあります。

 

詳しくはこちら