京田辺市で注文住宅を建てられたS様のお引渡しセレモニーを開催しました。

片流れ屋根と丸窓がポイントの住宅で、皆で完成宅の前に集まりました。

丸窓の住宅

非常にお天気の良い午後に、お客様とスタッフ、デザイナーが集結です。

角地に新築完成

S様は柔らかい優しい雰囲気のご夫婦で、セレモニーがはじまると、穏やかにテープカットをされました。
ドアを解錠されたら、皆で室内に移動します。

京田辺でイベント

代表や現場監督、コーディネーターのお祝いのコメントが続きました。

そして、城陽工房で天然木を選ばれたということで、担当の梅田も挨拶し、不器用ながらも、天然木トチのテーブルの出来映えに満足していることを伝えました。
その後、担当営業の川口の挨拶では、奥様こだわりのミッキーの外構にまつわるエピソードであったり、今後のS様の生活を祝福しました。

写真

そして、住宅デザインを担当した安田が、打合せから完成まで、ずっと撮影してきたS様のムービーを流しました。

S様動画チェック

映像では上棟の様子だけではなく、城陽工房で天然木を選ばれている様子や、モデルハウスを見学している様子。
安田の住宅説明など盛りだくさんで作成されており、非常に見ごたえのある、思い出に残る動画になっていました。

京田辺市お引渡しセレモニー

そして・・・、
動画が終わると、お二人よりうれしいコメントを頂きました。

旦那様:「本日はありがとうございます。今まで色々我儘言ったりして、たぶん全部叶えてもらって。
僕はすごい木の家に住みたいなと思っていて、穂高住販を選ばさせてもらったんですけど、いろんなところに気を使っていただいて。
こんな動画まで作成いただいて、本当に理想の家ができたと思います」

奥様「本当にありがとうございました。昨日言ったことが今日は何か違うかなとか考えて頭がぐちゃぐちゃになって。
(コーディネーターの)松葉さんや(現場監督の)白石さんに電話したりとかあったんですけど、理想のおうちができたと思います。感謝でいっぱいです。ありがとうございました」

最後は花束とお手入れセットを贈答し、笑顔でセレモニーは終了しました。

注文住宅が完成

今後もこの家でS様が幸せな家庭を築かれることを、スタッフ一同祈っています。