お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.183

優しい照明が照らす家族の今とこれからを考えた家(Tさま)

落ち着いた色合いの外観|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=相良/現場監督=白石/コーディネーター=西田

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけを教えてください。

ご主人:コロナになって、政府が補助金などお金を配り、世界的にインフレになるから、不動産とか資産を買うなら今だよねと思い決めました。

奥さま:私はもともと自分のお家が欲しくてタイミングを見ては「どう?」と言っていたのでこのタイミングで実現できました。

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

ご主人:フィーリングが合ったというか1番感覚的に良かったです。

奥さま:営業さんの熱意とか提案に魅力を感じたのと、施工や扱っている物などもしっかりしていたので、そういった全体的な所ですね。
近くに住宅展示場があったんですが、それよりも感じが良かったので、実際現場にも行かせていただきました。

日中も明るい広々としたリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

奥さま:動線が悪かったですね。
ドアを2回またいでトイレに行かないとダメだったり、リビングにトイレが近くて音が気になったりもしました。
あと吹き抜けだったのでメーターの効率が悪いのも気になりました。

 

インタビューアー:新しいお家でその不満は解消されそうですか。

奥さま:そうですね、みなさんにいろいろ相談に乗っていただいて、いいお家ができました。

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

奥さま:キッチン回りを特に使い勝手が良くなるようにこだわって、それに合わせて居間とかの雰囲気も合わせたので、全体的にまとまってできたと思います。
キッチンの幅も従来より50センチくらい広げて広くしました。

ご主人:間取り的にこだわったのが、脱衣室の隣にウォークインクローゼットを作ったところがこだわりましたね。
それと、もともとリビング階段だったのですが、前の家がリビング階段で冬場とか寒かったので今回は廊下側に出しました。

カップボードは間接照明をつけておしゃれに|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
グレーでまとめたシックな浴室と脱衣室横に作られたファミリークローク|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:他にはどうですか。

奥さま:今までシンプルなお風呂やトイレだったので、自由に壁紙とか選ばせていただいて個性的にしたいなということで、トイレも天然木を使わせていただいて、おもしろいものができたのかなと思います。
穂高さんならではですね。
キッチンにも天然木を使わせてもらいましたし。

ご主人:うん。
キッチンカウンターの上部だと重たい感じになっていたと思うけど、下段に持ってくることで感じよくなったなと思います。
仕切りのところに本を立て掛けておくこともできるし。

インタビューアー:エコカラットも大きいですね。

奥さま:絵を書くのが趣味なので、ここに絵を掛けたいなと思いまして。

ご主人:せっかく飾るのだから、スポットライトで照らせたらいいかなと思い、上に照明もつけました。

趣味の絵画を飾れるエコカラットの壁|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:照明といえばキッチンの間接照明も素敵ですね。

奥さま:これは住宅展示場で見て素敵だなと思い付けました。
天井の棚はつけても届かなくて使わないかなと思ったので、それなら届く範囲だけにして間接照明をつけたら素敵かなと思いました。

インタビューアー:収納がたくさんありますよね。

奥さま:そうですね、1階も2階も収納にこだわりすぎて居室が狭くなってしまったかも(笑)

インタビューアー:玄関の手洗い場横のルーバーもいいですね。

ご主人:僕がちょっとアクセントをつけたいということでルーバーをつけました。

玄関手洗い場にはルーバーでおしゃれに|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:2階のお部屋の1部だけが畳なのはどうしてですか。

ご主人:今は子ども部屋として使っているのですが、もう数年で出ていくことになるので、あの部屋は旅館の1室のような感じで何人か布団を敷いて寝られるように使いたいなと思い作りました。
将来は板間の部分を畳に変えてもいいと思ったけど、今の状態のままでも案外いいかなと思っています。

インタビューアー:寝室の窓が高い位置にありますね。

ご主人:あれはその下にタンスが並ぶんです。
でも光を採りたいし横のスリット窓でいいかなと思って作りました。
他の部屋はすりガラスなんですが、位置が高いので隣家の視線も気にならないし、空が見えるように透明の窓にしてます。

奥さま:歳も歳なので将来的なことを考えてできるだけバリアフリーにしようとか、1階でも過ごせるようにしました。

ご主人:そう、1階にベッドを置いたら平屋の家としても使えるようにって考えましたね。

旅館の一室をイメージして作られた和洋室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
家具の配置を考えて作られた採光用の横スリット窓|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:天然木は以前から興味ありましたか。

ご主人:最初は家全体が天然木なのかと思っていたんですが、話を聞いてるうちに一部を天然木で使えるということでどこに使おうかと興味を持ちました。

 

インタビューアー:天然木一枚板を使ってどんな家にしたかったですか。

ご主人:どこに使おうかすごく悩みました。
ダイニングとしては大きいし、キッチンカウンターも重たいかなと思っていたけど下段にしたらいいかなとか、トイレの棚や横だったりと、最終的には感じ良くできて良かったです。
城陽工房さんにも行って、こういう風に使いたいというので何枚か選んでいただきその中から選びました。

 

インタビューアー:こちらの天然木を選ばれたのはどうしてですか。

ご主人:正直サイズがちょうど良かったからです(笑)
でも模様がシュッとしている所もいいと思いました。

 

インタビューアー:天然木の感想をお願いします。

奥さま:使っているうちに育っていっていい感じの色になっていくのかなと思いますし、それがいいところなのかなと思います。

ご主人:思っていたよりいい感じにでき上がりました。やっぱり重厚感もあっていいですね。
ここに使ったのが本当に良かったです。

天然木一枚板を使用したカウンターは仕切りをつけ本棚としても使用できる|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
天然木を使用した棚が味のある雰囲気に|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

奥さま:細かいところを真摯に答えていただいて助かりました。

ご主人:いろいろ聞いてくださいましたね。
無理じゃなくてどうにかしますと言ってくださったところです。

 

インタビューアー:新しいお家でやりたいことはありますか?

ご主人:リビングの家具とかソファーがまだ入ってないので、これから楽しみながら家の中身を作っていこうかと思います。

奥さま:引っ越してからいろいろ考えていこうかと思ってますので、今は新居を眺めつつ楽しませてもらおうかなと思っています。

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:家を建てる方は若い人が多いので、子ども主役の家づくりになると思うのですが、それもいいですが、10年後とか次のステップを考えた家づくりもいいんじゃないかなと思います。

奥さま:いろいろニーズがあると思いますが、諦めずに相談していくのがいいと思います。

インタビューアー:ありがとうございました。

セレモニーでスタッフとの記念撮影|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家