お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.142

間接照明の優しい光が灯る天然木の家(Iさま)

落ち着いたブラウンの外観|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=宮崎/現場監督=山之内/コーディネーター=西田

インタビューアー:お家を購入するきっかけを教えてください。

ご主人:結婚して初めは賃貸を探していたのですが、家賃を払うのがもったいないので、どうせ払うなら家を建てようとなりました。

 

インタビューアー:穂高住販はどのようにして知りましたか。

ご主人:お金の心配もあったので、スーモカウンターさんに行ってこれくらいの予算でと伝えたところ紹介してもらいました。

 

インタビューアー:他のハウスメーカーさんとはどういったところで比較検討されましたか。

ご主人:スーモさんにも言われたのですが提案力ですね。
注文住宅ならではの、アイデアが豊富なところを重点的に見たほうがいいとのことだったので。
あと僕たちは営業の方も重視しました。

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

ご主人:完全に営業さんです!
提案力と信用ですね。
何でも聞いたことは全部すぐ返ってきました(笑)
他社は聞いてもすぐに返してもらえなかったり、返事が曖昧でした。
部署によって分かれていた事もあると思いますが、穂高さんは営業さんが全部知ってました(笑)

奥さま:実は1回断ったんですよね。
それで断りに行ったときに最後「ちょっと待ってください!」と引きとめられました。
それで話を聞いていたらドカンとすべてが上回りました(笑)
もともと木が好きだったのでそういった木を豊富に使われているのも決め手になりましたね。

天然木を際立たせるホワイトウッドの床|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
おしゃれなカップボードのが目を惹くキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

奥さま:不満だらけでした(笑)
古いし暗いし寒いし虫もいっぱいでてくるし(笑)

ご主人:賃貸でエレベーターなしの5階建ての5階だったのと、下も飲食店だったしね。

 

インタビューアー:新しいお家でその不満は解消されそうですか。

ご主人:1軒家なのですぐに家の中に入れますしね。
今の壁のクロスが昔ながらの古い壁紙なので、白いクロスに憧れて白にしたのですが、それもあって明るいです。

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

ご主人:天然木のテレビボードは気に入っています。

奥さま:木を使った場所は全部気に入りました。
間接照明とかめちゃくちゃきれいだし!

ご主人:間接照明は打合せに行ったときに、本店にあったのを見てこれがしたいとなりました。
設計士さんも『間接照明きれいですよ』と言ってくださって。

奥さま:ヒノキのウォールシェルフも、結婚式にもらった花束を『ブリザーブドフラワーにして飾りたい』と言ってつけてもらいました。
たくさん木を使えたことが一番うれしいかな。
吹き抜けの梁もそうですし自然にこだわりました。

ウォールナットの天然木を使ったテレビボード|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
天然木を使った間接照明があるリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:収納がすごく多いですね。

ご主人:収納は将来を見越して物があふれないように片づける場所を作りました。

インタビューアー:クロスや建具の色使いが素敵ですね。

奥さま:私達の判断だけでは無理だったので、コーディネーターさんをつかまえて聞きまくりました(笑)
壁紙は初見でパッと見てこれがいいというのを選んで、これに合う周りの壁はどれですかって聞いて、3択くらいにしてもらって決めました(笑)
トイレの壁とかめちゃくちゃキレイで気に入りました!

ご主人:あと外観の色はサンプル画像が小さいので想像できなくて、仕上がりはイメージと違ったのですが、思い通りの色になりました!
本当は黒が良かったのですが、景観的に黒が使えないということで黒っぽいのを選んだのですが、結果オーライで良かったです(笑)

落ち着いたブルーグレイのクロスが爽やかなトイレと縦スリット窓からの光が明るい玄関|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

奥さま:悩んでることに対して導いてくれました。
こうしたいけどやめとこうかなとか優柔不断なところがあったのですが、それに合わせて『こういうのもあるよ』とか『こういうのを言ってるんじゃないですか』って汲み取ってもらえたので良かったです。

ご主人:穂高推しじゃない所も良かったです。
『うちのこんなんありますよ』だけじゃなくて、一般的な家づくりの提案もひっくるめてしてくれたのも良かったです。
一般的に使われているものと穂高さんで使っているものの、メリット・デメリットをしっかり説明してくれて『じゃあどちらを使いますか』と選択肢を与えてくれたのが良かったです。

 

インタビューアー:新しいお家でやりたいことはありますか?

ご主人:一軒家ができたから庭でバーベキューをしたいけど、初めは近隣の目もあるので様子を見ながら(笑)
でも賃貸ではできないことだったので。

奥さま:私は広い部屋でゆっくりしたいです(笑)

リビング裏の庭と吹き抜けで開放的なリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:天然木の感想をお願いします。

ご主人:木が好きだけど天然木をこのように使うイメージはなかったです。
穂高住販を知って工場も持っているということで、見に行かせていただいた時に興奮しました(笑)

奥さま:ウォールナット(テレビボード)は秒で決めました(笑)
工場にできたやつがあって、これまるまる欲しいと言ったら家具職人さんが『造りますよ』と行ってくださって。
気に入った木を選びましょうかってことで、木目がしっかりついてるものを選びました。

ご主人:ダイニングテーブルも最初はウォールナットにしようとしたけど、我が家独特の個性を出したくてどんな板があるかを聞くと、次行った時にいろいろ用意してもらえました。
このトチの木は結構あそびというか動きがあるので、これは他にはないなと思って本当嬉しいです。
いい輝きです(笑)
テーブルの脚も天然木を扱っているお店で、このテーブルに合わせるにはどれが良いかと一つ一つ合わせてこだわりました。

ヒノキの天然木を使ったキッチンカウンターとウォールシェルフ|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
トチの天然木を使ったダイニングテーブルの天板|京都・滋賀の注文住宅 天然木天板

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:初めにやりたいことを明確に決めといたほうがいいと思います。
設計の段階でとりあえずのやりたいことを図面にしてもらって、間取りができたけど内装決めるときに、これも必要だったなとかが出てきたので、いろいろな方の話も聞いて情報を多くもってやると、明白な設計ができるかなと思います。

奥さま:私は何も考えないまま来てしまったのですが『こういう風にしたらこうなるよ』と考えさせてくれて導いてもらえたので、そういう風にしていただける所を見つけると良いと思います。

 

インタビューアー:Iさまにとってこのお家はどんなお家ですか?

ご主人・奥さま:天然木の家です!

インタビューアー:ありがとうございました。

セレモニーでのスタッフとの記念撮影|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家