お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.132

家族のことが考えられた優しくて温かい家(Tさま)

縦スリット窓や木目調の外壁が白い外壁のアクセントになりかわいい外観|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=清水(華)/現場監督=広瀬/コーディネーター=松葉

インタビューアー:お家を購入するきっかけをお教えください。

ご主人:僕ら2人とも結婚した時からマイホームを建てたいというのがずっと夢でした。
タイミングとしては今回、穂高住販さんととても良いご縁をいただいたのですぐ建てようとなりました。

 

インタビューアー:穂高住販はいつどのようにして知りましたか。

ご主人:昨年末スーモカウンターさんで僕らの理想を伝えて条件に合う所というところで紹介いただきました。

 

インタビューアー:他のハウスメーカーさんとはどういったところで比較検討されましたか。

奥さま:施工事例を見て自分たちの理想の外観や内観が近いところを重要視しました。

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

ご主人:担当の方にお会いしてすごく信頼できると思ったのが決め手です。

奥さま:担当の方に穂高住販さんが天然木を売りにされていて、適材適所に構造の木を変えて使ってらっしゃるという詳しい話を聞かせてもらいすごく信頼できるなと思い決めました。

化粧梁や建具の色が調和し広がりを感じるリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

奥さま:お風呂と洗面所がとにかく寒くて狭かったです。
息子が産まれてみんなでお風呂に入るときにすごく手狭だなと感じました。
あとはキッチンが対面式ではななかったので、料理やお皿洗いをしながらテレビが見えなくてなくて悲しかったです(笑)
細かいところでいうと玄関も狭くてベビーカーを置いたら靴が置けなかったり、マンションだったので駐車場が遠かったので、荷物の上げ下ろしが大変だったことです。

ご主人:今回の家でもこだわったのですが、ドアもバンッて閉まって危なかったので、すべて扉はソフトクローズにしました。

 

インタビューアー:新しいお家でその不満は解消されそうですか。

ご主人・奥さま:ばっちり解消されました!!(笑)

奥さま:キッチンは対面式になりましたし、1階はリビングだけでなく洗面所も全部床暖房になりましたし、お風呂はカワックにしたので温かくなりましたし、ヒートショックが生まれずに済むのでそこも良くなったところです。
あと玄関も土間収納を大きいの作ったので、靴もベビーカーもたくさん置けて多用途に使えるようになりました。

床暖房が入った脱衣所とカワックの入った浴室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
2way玄関と大容量のシューズインクローゼット|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所はどこですか。

ご主人:ほんとに全部なんですけど、やっぱりこのLDKスペースがとても気に入っていて、けっこうお金は張ったのですがキッチンも自分たちの理想とするキッチンを入れられましたし、ずっと見てられます(笑)
ずっと居てられます(笑)
あと書斎スペースを寝室の一角に設けてもらって、そこも秘密基地みたいな感じで、男の憧れを実現してもらえてとても気に入ってます。

奥さま:私は主人も言ってたのですがリビングスペースの中のキッチンです。
パナソニックのワイドコンロを入れさせてもらって、下り天井にしてもらってそこも自分の好きな木目の色にしてもらって、カップボードも同じような色味にしました。
クロスもすごく好きで、マリメッコのクロスも入れさせてもらいましたし、全体的に木目、白、黒たまにグレーの差し色があって、すごく自分の思うようにできて感動しております。
あと私はヘリンボーン柄が好きで、1階のトイレと2階のトイレの床をその柄にしていたのですが、洗面室が木目調だと思って採り入れたクロスが実はヘリンボーン柄で(笑)

ご主人:そう、サンプルって拡大図だから一部しか載ってないので、まさかヘリンボーンだとは思わなくて(笑)

奥さま:でも結果自分の好きな色味だったのですごくうれしいなって(笑)
リビングとは色目を変えて濃い色目にして洗面所、お風呂と色を統一できたのも気に入っています。
2階の寝室もアクセントクロスを使っているのですが、1階はグレー系で2階はネイビーとかブルー系を入れながら照明も遊びながらできたのでお気に入りです。
特に寝室の間接照明がすごく気に入っていて!
今の家は寝ている時に電気をつけると、すごくまぶしくて嫌だったので間接照明を採り入れたのですが、下から見ても直接電気が見えないように天井下に電気を埋め込んでもらって、それがすごく大工さんが苦労したと聞いて、私達を思ってこだわってくださったんだなと感動しました!

ご主人:クロスと照明は自分らの色が出せたかなと思っていて、少し遊びを入れつつも遊びすぎず自分たちの思い描くおしゃれな感じにできたのじゃないかなと思っています。

寝室に作られた書斎スペースとウォークインクローゼット|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
間接照明が目に優しい寝室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
大好きなマリメッコの壁紙の天然木を使ったニッチ|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:キッチンの設備はどういった点でこだわられたのですか。

ご主人:妻の実家がトリプルワイドのIHを使っていて並んで料理ができるし、お皿も対面で渡せるし見た目もスマートで絶対これがいいなと思っていて、でも金額を見たら高くて一瞬ひいたんですけど(笑)
それでも完成したのを見てやっぱりこれにしてよかったなと思ってます。

奥さま:取っ手もはみ出さないしね。
あとリビングにこれから収納するにあたって物を置きたくなかったので、造作でリビング収納とキッチンの全面収納もつけてもらって、パントリーもあるので、物の住所を決めたら家が少しでも片付いて見えるのかなぁと思いました。

インタビューアー:収納の下が開いているのは?

ご主人:ルンバの基地です。
ここがルンバの住所です(笑)
こういう流行りのアイデアはインスタグラムとか毎日見て情報収集して採用していきました。

インタビューアー:縦のスリット窓が素敵ですね。

ご主人:設計の方が僕らの可愛らしい外観にしたいという要望を聞いて、設計士さんのこだわりでこういった窓にしてもらいました。

奥さま:私たちが理想としていたお家がたまたま穂高住販さんで建てられていて、その設計士さんもたまたま松尾さんだったんです。
それを相談した時に全く同じだと私達のカラーも出ないということで少し変えてもらいました。
私達は西向きのお家なのでそれも考慮してくださり南に大きな窓を採りました。
あとキッチンからテレビが見れるようにと、事前の打ち合わせで相談していたので、向かい側に大きな窓はつけずスリット窓にして、テレビが置けるように設計してくださいました。
外観にもこだわらさせてもらっているので、この間取りだと正面に室外機がきてしまうので配管も隠蔽配管にしていただきました。

インタビューアー:廊下のカウンターに穴が開いてるのはどうしてですか。

奥さま:水槽を置こうと思っていてコンセントが隠れるように奥に穴をあけました。
お魚と水草が揺れるのを見て癒されたくて(笑)

こだわりのワイドコンロがついたフルフラットキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
玄関廊下にある水槽用の天然木カウンター|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

奥さま:まずもうコーディネーターさんが素晴らしいです!
私達がこれしたいなぁ、これできるかなぁ、お金かかるかなぁ、ってことをすべて具現化してくださって、『これだったらできるよ』とか妥協せずにいいものとして私たちに返してくださって、すごくありがたかったです。

ご主人:そう、早いしね。
意図をすごく汲み取ってくださるので、思ってることをすぐ把握して一番いい方法を選んでくれるので本当にありがたい存在でした。

奥さま:この方が穂高住販さんにいることが本当にすばらしいことです(笑)
困ったことがあったら担当の方もお忙しい中対応してくださったり皆さん、ほんとうに人柄が素敵で!
担当していただいてる方だけじゃなくて、桂店の受付の方だったり、皆さん丁寧に対応してくださるので安心できてすごく気持ちが良かったです。

 

インタビューアー:新しいお家でこんなことしてみたいということはありますか。

奥さま:べランピングですね。
2階のバルコニーをあんなに広くする予定はなかったのですが、間取りの関係で大きくなってしまったのですが、できてみたらすごく良くて!

ご主人:他のお家の窓とかち合うこともなくて、竹林の景色もすごく良くて自分達の空間って感じです!
だからべランピングしたいです。したことないのでノウハウは全くないんですけど(笑)

奥さま:あとは今のお家にもお友達によく来てもらっていたのですが、マンションなので車を置いてもらうスペースに懸念があったので、そういうことからも駐車スペースを広くとったので、気兼ねなく置いてもらえて何の心配もなく安心して過ごしてもらいたいです。

ご主人:ウッドデッキも欲しいとは思っていたのですが、バルコニーが広くてべランピングできるなと思ったのでとりあえずなくして、後からでもつけれるのでまずはいいかなってなりました。

べランピングができるバルコニー|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:天然木についての感想をお願いします。

ご主人:天然木のお家っていうのは穂高住販さんで知りました。
城陽工房も4回行ってそのうちの1回はたまたま社長さんがいらっしゃって、ご縁があるなぁと。
4回も行くのは多いほうだとは思うんですが、木の匂いが好きで!
一回行ったときに手作りのまな板とコースターをいただいて、その木の匂いが良くてずっと嗅いでました(笑)

奥さま:そうそう、家づくりで夫婦のいざこざがあった時には、お互い木の匂いを嗅いで深呼吸して気持ちを落ち着けて(笑)
木の香りが最高です。

ご主人:これからはその天然木がずっとあるのでもう安泰ですね(笑)
木の匂いって本当に心を落ち着かせるし、僕らは大好きなので良かったです。

奥さま:ダイニングテーブルと廊下の水槽置きにはウォールナットを使っていて、リビングのスタディカウンターや書斎のカウンター、ニッチは、チェリーの木でトイレなどの水回りはヒノキを使ってます。
ウォールナットは穂高さんに決めた時から憧れでした。

ご主人:ウォールナット格好いいなって言っていて、城陽工房行った時から目をつけてました。
これも一目惚れしました。
今日でき上がりを初めて見てやっぱりすごいです。

奥さま:最高です。
同じ木なのにそれぞれ模様や色味が違って生きてるなぁって思います。
同じチェリーでも少しづつ色味が違うので天然木ならではですね。

ご主人:いっぱい採り入れて良かったです(笑)

奥さま:はい、いっぱい採り入れました(笑)

ウォールナットの天然木のダイニングテーブル|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
下げ天井で木目調の天井がこだわりのキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

奥さま:情報取集が大事です。
自分のお家をこんなのにしたいというイメージ作りのために、インスタグラムだったりピンタレスト、雑誌とかでもいいので、その中で自分がしたいことや型番だったりは、スクリーンショットやメモ書きにしとくといいと思います。
私はメモ書きで箇条書きして30箇条くらいあって渡したのですが(笑)
言葉で伝わらない所も写真だと、自分と担当さんのイメージが合わせやすくなると思うので、自分のイメージとか写真を集めておくのは大事だと思います。

ご主人:ある程度自分で情報収集をしてイメージをもって、最後悩んだときは信頼できるプロに頼りまくって、決めるのは自分ですが道筋を建ててもらうサポートをしてもらえる良い方を見つけてもらうということが大事かと思います。
僕らでいうコーディネーターさんのような方ですね。

 

インタビューアー:Tさまにとってこのお家はどんなお家ですか?

ご主人:優しくて温かい家です。

インタビューアー:ありがとうございました。

 

セレモニーでのスタッフとの記念撮影|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家