お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.120

日当りと眺めの良い角地に建つお家(Kさま)

外観写真|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家HODAKA
※営業=山下/現場監督=三上/コーディネーター=西田

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけをお教えください。

ご主人:昔から一戸建てに憧れがあって買いたいなとは思っていました。タイミング的に結婚して1年くらい経ったのでずっと賃貸で家賃払うくらいならローンの支払いに充てたいなと思い決めました。

 

インタビューアー:穂高住販はいつどのようにして知りましたか。

ご主人:いろいろ見て回っていたところ近くにあったので奥さんに電話してもらって行ってみたらよかった。最初の営業さんの対応や説明を聞いてそれがすごい良かったので物件紹介もいろいろしてもらってというところから始まりました。

 

インタビューアー:他のハウスメーカーさんとはどういったところで比較検討されましたか。

ご主人:僕は家の仕上がりですかね。1回穂高の家を見させてもらって細かい部分がすごく丁寧に仕上げてありました。その時に補修するところに付箋が貼ってあったのですが、それをみても細かいところまで見ていたのでこれだったら安心できるのかなと思いました。他のメーカーさんのモデルハウスなどに行ったときにそういった細かいところで『ん?』となるところがあったのでそういうとこは気になって決定的な差がありました。あとは天然木で作られているのが良かったという所です。

玄関のコート掛けや収納で使いやすくスッキリと|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家HODAKA

インタビューアー:最終的に穂高住販を選んだ理由を教えてください。

奥さま:土地がすごく良い所にあったのが大きかったね。滋賀から京都市内とすごく広い範囲で探していたのですが、営業さんがいろいろ良い場所を探してきていただいた中の一つがここでした。来た時に『ここだ!』と思いました。

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

ご主人:賃貸のマンションで古い家で立て付けがガタガタで気になっていたし、設備も古いし狭いしというところでした。なので新築だったらそういうのも解消されそうかなと思いました。

 

インタビューアー:新しいお家でその不満は解消されそうですか。

ご主人:そうですね解消されます。広さもあるし壁紙も自分たちで決めたので納得して気持ちよく住めるかなと思っています。

使い勝手の良い広々としたキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所はどこですか。

ご主人:僕は2階にある自分の使う部屋の床も壁紙も決めさせてもらったのですが、そこが気に入っている部分です。1階の壁紙は白基調で明るい感じの質感が良いものにしたのですが床も扉も建具も全部自分が気に入っている柄にして、男性が好きそうな暗めの落ち着いたカラーにしました。

奥さま:その部屋だけシリーズが違ってて追加料金かかりました(笑)

ダークカラーのアクセントクロスがスタイリッシュなお部屋|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:奥さまはどうですか?

奥さま:意図せずですが2階からの景色が想像以上によく抜けていて、建ってみてびっくりというかそれがすごく気に入ってます。あとはリビングから続く和室も絶対欲しいなと思っていたので、そこはこだわって作りました。洗濯物干したりゲームとかお昼寝したりいろいろできるので(笑)

景色が良く広々としたバルコニー|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
扉を開けると明るく開放的な和室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:設備面ではどうですか?

ご主人:やっぱりエコカラットですね。玄関ニッチとリビングに。リビングは最後に足したのですが『やっぱりあったほうがいいんじゃないかな』って思って今日見て結果良かったかなと思いました。

エコカラットが迫力のあるリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
玄関ニッチはエコカラットで調湿|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:収納も多くて使い勝手がよさそうですね。

ご主人:これでも収納は1つ減らしたんです。それで引き戸にしてもらいました。

檜の天然木のキッチンカウンター|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

ご主人:営業の方の対応です。こっちが聞いたらすぐ調べて回答をくれる所とか、気にしてる事や僕らが気付かなかった部分についてもフォローしてくれたので、最初から最後まで信頼できてそこが僕は良かったです。

奥さま:私は最初に宇治に住むのが初めてで土地とかもわからなくて不安だとチラッと言ったのですがそれを営業の方が近辺の地図にどこにお店があって病院があってということを付箋で貼って手作りで作ってくださり、それでもう『信頼できる!』という安心感があったというのが大きいです。

 

インタビューアー:新しいお家でどんなことをしてみたいですか。

ご主人:自分好みに家具を置いていって『自分ち』というのを作り上げていきたいなと思います。自分たち好みのお家にして快適に過ごしていきたいというのがあります。

奥さま:同じく一緒です(笑)

 

インタビューアー:天然木についての感想をお願いします。

ご主人:やっぱりインパクトがあってすごく良かったなと思います。やっぱり木という自然を身近に感じれるし見てるだけで落ち着くなぁって感じがするのでいいなと思います。このウォールナットのダイニングテーブルも最後まで悩みましたね(笑)

奥さま:作ったという感じではなく自然のそのままの感じが温もりがあって良いなって。実際に天然木で作られたお家を1回見させてもらったのですが、それがすごく良かって本当天然木っていいなって(笑)

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:自分たちの納得できるまで考えてわからないことは質問して自分の中での問題点をクリアにしていってほしいなというのはありますね。

奥さま:やっぱり後々こうしたら良かったとか後から得る知識があると思うので、考えていく段階でいろいろ情報収集をしてみた方がいいのかなって思います。

インタビューアー:Kさまにとってこのお家はどんなお家ですか?

奥さま:陽当りと眺めの良い角地です。

インタビューアー:ありがとうございました。