お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.119

帰ってきたいなと思う温かみのあるお家(Iさま)

外壁が優しく落ち着いた色合いの外観写真|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=松田/現場監督=広瀬/コーディネーター=松葉

インタビューアー:お家を購入するきっかけをお教えください。

ご主人:もともと広い庭付きの家を欲しいと言っていて、奥さんの実家も木を基調とした広い家だったので『それがいいよね』と話していました。それで消費税があがったり妊娠もわかって子どもが産まれてくるタイミングで新居に行きたいなと思ったのがきっかけです。

 

インタビューアー:穂高住販をどのように知りましたか。

ご主人:最初はスーモカウンターさんでわからなかったのでご相談しました。こういう家で場所は滋賀らへんを考えているというのを伝えると提案していただいた1社の中に穂高住販さんがありました。

 

インタビューアー:他のハウスメーカーさんとはどういったところで比較検討されましたか。

ご主人:それぞれのコンセプトややり方があってなかなか建てたい家と場所があわなくて。場所はいいけど建築条件付きでそこでしか建てれないだったり、土地はいいけどその会社の費用が高かったり、会社はいいけど土地を扱ってないから自分たちで探さないといけなかったりといろいろありました。その中で穂高さんの営業さんにすごく親身になって話を聞いてもらい、ここで建てたいなと思いました。穂高さんも最初は土地がなかったのですが、穂高さんがこの土地を買ってくださってうちで建てれますよと言ってくださりここにしようと決めました。

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。

ご主人:特にないのですがリビングが狭かったのと、まわりが騒がしかったっていうのはありました。

奥さま:周囲に気を使わないといけなかったていうのはありましたね。

ご主人:賃貸だったのでこういうことをやりたいと思っても制限はどうしてもあったので、そういった意味では不便だったのかなと思います。

 

インタビューアー:新しいお家ではそういった不満は解消されそうですか。

ご主人:そうですね。周りもマンションですが離れていて音も気にならないですし、川があったり陽当りや風通しも良く、庭もいじれるし楽しい未来が待ってるかなと(笑)

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

ご主人:間取り自体もほぼ僕が図面に書いて設計士さんに微調整してもらって、本当に僕が住みたかった間取りで作らせてもらっているのでこだわりはすべてかなって感じですね(笑)
和室も道路が見えてリビングが真横にあり、行き来ができるようにしたかったのでしました。あとは庭があって、窓から緑と青が見えて2階の南に子ども部屋を作りたかったというのがありました。自分がどういう風に住みたいかということを詰めこませてもらいました。木の感じがすごく好きで満足しています。

奥さま:気に入っている所はスタディカウンターです。私が仕事上で書き物をすることがあるので、専用の所でしたいという思いがあり作りました。そのスタディカウンターの窓から外が見えるようにもしました。なので網戸も横引きのロール網戸にして追加料金がかかったのですが普段は網戸が見えないようにして窓を開けた時だけ使えるようにしたり、窓の位置もこだわったのでここが1番こだわったところです。

リビングに併設された和室は寝転んだり一息付ける癒しの空間|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家
天然木のキッチンカウンターとスタディカウンター|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:2階のお部屋を扉でつなげてらっしゃるのはどうしてですか?

ご主人:そうですね、部屋の端っこをドアでつなげて、将来的に子どもが不便になったらわけることができますし、それまではエアコンの風が通るようにして生活していこうかなと思い作りました。

部屋同士を扉で繋げ将来設計がされたお部屋|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:設備面ではどうですか?

ご主人:設備は今よりもグレードが上がっているので高望みもなくすごく満足しています。収納もたくさんあるので満足です。

インタビューアー:壁紙の使いかたが素敵ですが情報収集などはされてたのですか。

奥さま:特にしていなかったのですが、いただいた資料の中からイメージして選ばせてもらいました。出産で実家に帰っていたので携帯でビデオ通話を通してカタログを見たりとリモートでしました(笑)

可愛い壁紙があそび心をくすぐる子供部屋|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

ご主人:1番最初に営業さんに臨機応変に対応してもらえたことです。本当に土地が欲しいタイミングでなくて、もともとここも建築条件付きで他社が出していたので諦めて、すぐ近くの他の場所を検討していたのですが建物があまり好きではなくて。そしたら営業さんが不動産屋さんと掛け合ってこの土地を買ってくださって『うちで建てれますよ』と言ってくださり本当にそこが感謝しきれないかなって感じです。

奥さま:スタッフの皆さんが親切で丁寧で親身になっていつも答えてくださったことが契約の決め手にもなりましたし、その後の打合せの時もずっと継続していて良かったです。

 

インタビューアー:新しいお家でどんなことをしてみたいですか。

ご主人:庭をいじりたいです。植物を育てたり花を植えたりしたいです。あとは棚を作ったりしたいです。どういう風に作ろうかなと考えたりカーテンレールも付けたりしたいです。

奥さま:庭でプールだったりバーベキューや花火をしてみたいです。

ご主人:確かにバーベキューしたいね。京都で密集していたところに住んでいたのでできなかったので。賃貸で駐車場がなくて人も呼びにくかったのでいろいろな人を呼んでこの天然木を囲んでしゃべりたいです。

 

インタビューアー:天然木についての感想をお願いします。

奥さま:天然木を使いたいなとは思っていてそれが穂高さんにした決め手のひとつでもありました。

ご主人:工房も5回くらい行きました(笑)あとでやっぱり柄が気に入らなくて急遽変更させてもらったりもしました。下のほうから引っ張り出してもらっていいのがあって本当に良かったです。カウンターと机がトチの木で他はヒノキを使ったんですが、本当にこの柄で良かったです。

奥さま:うん、すごい面白いなと思いました。天然木ってひとつひとつ違うので本当にめぐりあわせだなって思いました。

木目調の床が天然木の梁やカウンターと調和されたリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:自分がどういう家に住みたいかというのはしっかり伝えて良く練っていくのが1番いいのかなと思います。ふわふわしているとできあがった時に好きっていう感じがなかなか出てきにくいのかなと。自分がこういう家に住みたいとか、こんな風な生活をしたいというイメージをしっかりしてもらったほうができた時の愛着も違うし、笑顔で過ごせるんじゃないかなと思うので、イメージを固めて担当さんに伝えて頑張って作っていったらいいんじゃないかなと思います。

 

インタビューアー:Iさまにとってこのお家はどんなお家ですか?

ご主人:なんだろう(笑)「俺の家!」かな(笑)

奥さま:帰ってきたいなと思うあったかい家です。

インタビューアー:ありがとうございました。

セレモニーでスタッフ揃っての記念撮影|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家