お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.116

家庭と天然木のぬくもりに早く帰ってきたくなるお家(Mさま)

シンボルツリーが迎える玄関|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

※営業=太田/現場監督=三上/コーディネーター=松葉  Mさまご夫婦に入居後のインタビューをさせていただきました。

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけをお教えください。

奥さま:結婚してまわりのお友達が家を買いだしていたのでそろそろかなと思ったことがきっかけです。いつかはと思っていたので今がタイミングかなと。

 

インタビューアー:穂高住販はいつどのようにして知りましたか。

ご主人:スーモカウンターに去年行ったときに3社くらい家の要望を出したときに勧めていただいた3社のうちのひとつです。

奥さま:あと実家を建てる時にもお世話になっていたのでいいなってなりました。

 

インタビューアー:他のハウスメーカーさんとはどういったところで比較検討されましたか。

ご主人:木のぬくもりを重視していたのでそこが一番惹かれました。

奥さま:実際に建てられたお家を見させていただいたときに天然木の梁だったりテーブルを見てすごく素敵だったのでここがいいと思いました。

 

インタビューアー:最終的に穂高住販を選んだ理由を教えてください。

ご主人:分譲地に住みたいなという気持ちがあって、穂高さんから分譲地を紹介してもらいここすごくいいやん!ってすぐになりました。でも最初にもともと住んでいた他の地域で探していたのでいったん考え直し、その条件で探していたのですがなかなか良いところがなく、まだすすめて頂いた分譲地が空いてたらそこにしようとなりました。

 

インタビューアー:分譲地に住みたいと思ったのはどういった理由でですか。

ご主人:分譲地ならみんな一斉に引っ越してきてスタートなのでご近所さんとのおつきあいをこれから作っていけるのはメリットかなと思いました。

 

インタビューアー:実際に住んでご近所の方々との交流はありましたか。

ご主人:つい最近バーベキューもありましたし、たまたまなんですが城陽市に住んでおられた方が多く知り合いもいたりして(笑)

奥さま:私の学校の後輩だったり、弟の同級生だったり(笑)

ご主人:その弟の同級生は昔のバイト先で一緒だったりといろいろ繋がっていて(笑)早速お家に飲みに行ったりもして本当に住みやすいです(笑)

 

インタビューアー:以前お住まいだった家ではどういったところが不満でしたか。また新しいお家でその不満は解消されましたか。

ご主人:特になかったのですが床の色が明るく髪の毛とかほこりが目立ったので購入するときは落ち着いた色がいいなとか、洗面所も朝の用意をお互いするときにバタバタするので、こっちが用意をしいてるときも奥さんが化粧をできるようにと広くとったりしました。

浴室乾燥とホシ姫サマで快適な洗濯ライフ|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所はどこですか。

ご主人:エコカラットです!最初からこれはつけたいなと思っていました。壁一面にばんっと豪快に広がり目に入る石感、おしゃれ感が感じられるので好きです。
あとは梁です。最初はどの方向につけられるかわからないとのことだったのですがイメージしていた通りで天井も高く見えるし、天然感がより一層出て良かったです。

奥さま:私はキッチンです!最初はカウンターのほうが良いかなと思ったのですが、旦那がこっちのほうが良いということで(笑)でも確かに建ってみるとスッキリしているし広く見えるし良かったです。広いからこそきれいにしないといけないなって気持ちが出て逆に良かったです(笑)あとはシンクも作業場も広くなって料理がしやすくなりました。

エコカラットと天然木の色がマッチしたリビング|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:お家づくりでこだわったところはどこですか。

ご主人:リビングは一番みんながいる場所なので広くしてほしいと思いました。ゆくゆく子どもができても駆け回って遊べるようリビングの広さにはこだわりました。あとはできるだけ掃除がしやすいように物は上にあげてルンバが駆け回ってもらえるようにしました(笑)

奥さま:共働きなので洗濯が部屋に干せるようにホシ姫サマや浴室乾燥は絶対欲しいなと言っていました。

ご主人:建具も悩みに悩みました。色合いを家具に合わせたりとすごく考えました。二人の寝室も広くとりたいなということで広くしました。

照明が落ち着いた空間を演出する主寝室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:生活支援に応じた広さを考えられていますがそういった中で和室はどういった感じで作られましたか。

ご主人:和室があると少し横になりたいときだったり、小さい子どもを寝かせたり、両親が泊まるときにも寝てもらえますし、僕らが年を取った時にも2階に行かなくても良いようにってことで和室は欲しいなと思いました。

リビング横の落ち着いた和室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

奥さま:すごく親身になってくれました。こちらが考えがまとまっていなくてフワッとした投げかけをしても『これが良いんじゃないですか』ってバスッと的確な答えを返してくださるのですごく心強かったです。メールをしてもすぐに返信してくださり一生懸命いろいろ調べてくださったので良かったです。

 

インタビューアー:新しいお家でどんなことをしてみたいですか。

ご主人:ベランダバーベキューです!正方形のきれいな形でベランダがとれたので良かったです。実際3回くらいしました(笑)新築で焼き肉はにおいがつくので嫌だけど外なら気にならないです。

奥さま:リビングが広くなったのでお友達もたくさん呼べるようになりました。一緒にご飯食べたりしてそれが良かったです。あとやりたかったことにシンボルツリーがあってずっと憧れがありました。パールアカシアの木を植えていて2月下旬くらいに黄色く小さい花を咲かせるのがかわいくてそれができたのがうれしいです。

ご主人:陽当りが良いのも良かったです。たまたま南のほうが開けていて、土地を買ったときに角地だったのも良かったのですが東からの光が入って、南側に光を確保できるように設計士さんがしてくれたので良かったです。

ウォークインクローゼットとバーベキューのできる広いバルコニー|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:天然木についての感想をお願いします。

奥さま:家に来ていただいたお客さんにも『すごいね』と言われるので自慢のひとつです。

ご主人:ウォールナットの天然木の色合いも自分たちの求めていた他の設備に合った色だったので良かったです。城陽工房に行った時にも良い物をいくつか選定してくれていて、ウォールナットにしたいとは思っていたのですぐ決まりました。
できるだけ大きいとこで使いたいなと思っていたので僕がダイニングテーブルで使いたいと押切りました(笑)二階のトイレにも『余っていたので使っとくね』と言ってもらって使ってもらいました。

奥さま:悩んだこともいっぱいあったけれども天然木を使った家づくりは楽しかったです。木のぬくもりを感じられる家にもなったしやっぱり温かみがあるのが理想通りだったので良かったです。

ご主人:帰ってきたいなという家にしたいなって思っていたので、思っていた通り家に帰るのが楽しみになったし、家に入った時に家庭のぬくもりを感じれるのが良かったです。

フルフラットキッチンが広がりを演出するキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

奥さま:寝室にウォークインクローゼットを作ったのですが、寝室の扉とウォークインクローゼットの扉が干渉してしまってそこまでは考えてなかったなと。あと寝室は寝るだけなのでそこまで広くしなくても良かった(笑)以前は寝室で映画を見たりしていたけど、今はリビングで過ごす時間のほうが増えたので他の部屋をもう少し広くとれたかなとも思いました。
洗濯を干せる場所も一階に少しあってもいいかなと。少しだけだと二階に干しに行くのが大変で生活導線を考えきれてなかったです

ご主人:広いことによってできることもあるので子どもが出来たり、ゆくゆくは変わってくるかもしれませんが今は二人なので。

 

インタビューアー:Mさまにとってこのお家はどんなお家ですか?

ご主人:帰ってきたくなるお家です(笑)

インタビューアー:ありがとうございました。

天然木のダイニングテーブルで記念撮影|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

施工事例を見る施工事例を見る