お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.84

子どもが大きくなって帰ってくる家(Yさま)

タンクレスのトイレと洗面化粧台|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

※営業=松尾/現場監督=三上/コーディネーター=松葉

インタビューアー:家を立てようとしたきっかけを教えてください。

ご主人:家の老朽化が1番と、これから子どもが大きくなって子離れしてからの里帰りの場所を作りたかったんです。

インタビューアー:家づくりはこだわった部分とはどこでしょうか?

ご主人:トイレですね。トイレのタンクレスで手洗いというのが、昔からいいなという感じでありまして。娘は玄関ドアのシステムキーがやりたかったみたいで、息子は風呂の色味とか選んでました。嫁さんは外壁の色味にこだわったり、やっぱりみんなが見える対面カウンターキッチンだったり、リビングを広く取りたいということで、松尾さんにどーんと設計してもらいました。あとは床暖房やミストカワックなどをつけて、最高の設備をつけたかなと思っています。

玄関と廊下|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家 シックな浴室|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:天然木についてお聞かせください。城陽工房には行けれましたか?

ご主人:みんなで行きました。ウォールナットを選んで、ダイニングテーブルにしました。他にもキッチンカウンターにリビングや2階のTVボードに使いました。TVボードがいいなと思ったのは、天然木ではなかったんですが、大久保店でこんな風に使っていたので『あ、いいな!』と思って付けてもらいました。

インタビューアー:天然木と言っても最初は想像つかなかったんじゃないでしょうか?

ご主人:そうそう!全然つきませんよね。

インタビューアー:その中で実際に付いているのを見てどの様に感じましたか?

ご主人:やっぱり温もりとかやね。落ち着きますし。キッチンカウンターは耳ありかなしかで結構悩みましたね。でも、耳なしで良かったと思っています。壁紙も全ての部屋で違うし、それぞれの部屋を使う者が選んだんですけど、選ぶのは大変でしたね。細長だから2階の部屋も細長いんですけど、、1面だけクロスの色を変えたら広く見える感じで言われたのを重視して、片面だけ変えるとかしてこだわりました。

インタビューアー:選ぶのは楽しかったんじゃないですか?

ご主人:いや、大変でした(笑)決める間は大変と楽しさの両方でしたね。だから時が過ぎるのが早かったです。家が隣だから、ずっと仕上がりを毎日毎日見てましたしね。

リビングを見渡せる対面カウンターキッチン|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家 天然木一枚板をTVボードとキッチンカウンターに|京都・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:このお家はYさまにとってどの様なお家ですか?

ご主人:う〜ん。最初にも言いましたが、子どもが大きくなって帰ってくるお家。そういうお家にしたいかな。孫も来たりしてね。正月とかにリビングで家族団らんできたりとかしたいですね。

インタビューアー:最後にこれから家を建てられる方へのアドバイスとかありますか?

ご主人:窓の位置は設計時にしっかりと決めておいた方がいいですね。後から付けたいと言っても無理ですから(笑)

インタビューアー:ありがとうございました。

ご主人:ありがとうございました。