お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.212

無垢フローリングに天然木家具と木の温もり感じる家(Aさま)

横貼りがかっこいいブルーのガルバリウム外壁|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
※営業=野間/現場監督=広瀬/コーディネーター=西田

 

インタビューアー:お家を購入するきっかけを教えてください。

ご主人:子どもができて今住んでいる家が狭くなったからです。
最初は広い賃貸に引っ越そうかなと思っていたのですが、友達がそのタイミングで家を建てはじめたので1軒家を欲しいなと思い始めました。

 

インタビューアー:家づくりで重要視したところを教えてください。

ご主人:インナーガレージとかも希望だったんですけど、やっぱりずっと家にいる奥さんの希望を聞いた方がいいかなと思いました。
奥さま:もともと主人は平屋育ちなので、その良さを知っていて、極力1階で過ごせるようにして、2階は寝るだけにしたいと言っていました。
だから少々リビングが狭くなってもいいからランドリールームがあったりファミリークロークをつけたりしました。
基本的には生活は1階でできるという点を重要視しました。

 

インタビューアー:土地探しはどのようにされましたか。

ご主人:最初はスーモさんで探しました。
1件見つけたのですが、上物があって解体するのにも費用がかかるということでどうしようかなと。

奥さま:それでいったんその土地で間取りも書いてもらったんです。
そしたらその間取り自体はすごく気に入って。
でも本当にこの場所に決めてしまっていいのかなという迷いがありました。
だから少し継続して土地を探していたら、たまたまそのタイミングに40坪という本来希望していたここの土地が見つかったんです。

 

インタビューアー:土地探しで重要視されたところはどういったところでしたか。

ご主人:奥さんがここが地元なので離れたくないということで実家の近くで探しました。

奥さま:共働きなので、知っている人がいる地域で安心して子育てが出来たらなと思いました。

見せ梁やキッチンの木目調天井がおしゃれなリビング|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販はどのようにして知りましたか。

奥さま:いろいろ探している中で、オープンハウスをされている所などにも行かせてもらって、そこで穂高さんのお家を見に行かせてもらったことがきっかけです。

 

インタビューアー:穂高住販を選んだ理由を教えてください。

ご主人:間取りが良かったです。
でも決めてからの方が穂高さんにして良かったと思う事がいっぱいありました。

奥さま:穂高さんで建てられたお家を見に行かせてもらったら、そのお家ごとにカラーがあって全然違うお家でした。
ということは本当に私たちが建てたいなと思うお家を建てていただけるんじゃないかなと思いました。

 

インタビューアー:家が完成して1番気に入っている所やこだわった所はどこですか。

ご主人:僕はやっぱり外観ですね。
ガルバリウムがしたかったです。
でもみんながしているものとは違うものにしたくて、目の細かいものにしたり横にしてみたりしました。
本当に大丈夫かなとは思ったのですが、いざ出来た物を見たら良かったなと思いました。

奥さま:私は間取りですね。
ランドリールーム、洗面、ファミリークロークと、1階の回遊できる動線が本当に気に入っています。

洗面室とランドリールームを兼ねた脱衣室|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
洗面室・ランドリールームと回遊できるファミリークローク|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:和室の小上がりもちょうどいい高さですね。

ご主人:最初は小上がり収納も考えていたのですが、段差が高くなるからという事で低めにしました。

奥さま:お友達の家にもあったんですが、ちょうど腰をかけれる高さですし、子どもを寝かせるスペースにもできて、ちょっと空間が違うのがいいです。
子育て中にはマストです(笑)

 

インタビューアー:他にはどうですか。

奥さま:キッチンです。
吊戸棚が欲しかったのですが見た目を重視してキッチンのスッキリ感を出しました。
その分カップボードをたくさんついてる2,700㎜くらいの長いものにしました。
タイル調のフロアにもしてます。

ご主人:あとは収納力も考えました。
キャンプが好きで荷物が多いので、きれいにしまいたくて、間取りを依頼する時にもお願いしました。

 

インタビューアー:階段もかっこいいですね。

ご主人:階段はアイアン手すりをつけたくて無理やりねじ込んでもらいました(笑)

奥さま:設計士さんにこういうものがしたいと写真を見せたら、じゃあこういう方法があるよとか、ここであればこの金額でできるよとか、他にかかる費用だったり全体的な予算を考えくださいました。
それだったらこうしたらいいんじゃないかという事で、最終的に行き着いたのがこの階段です(笑)

多用途に使える小上がりの和室|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家
アイアンの手すりの階段|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

インタビューアー:どのようにして情報収集されましたか。

奥さま:やっぱりインスタが多いですね。

インタビューアー:床は無垢ですか。

奥さま:やっぱり全然違うし無垢にして良かったです。
木をふんだんに使いたくて、フローリングに机に天井にこだわったけど、果たして仕上がりがしっくりくるのだろうかと。
見させてもらうまでドキドキしてました。難しかったけど全体的に合っていて良かったです。

 

インタビューアー:天然木は以前から興味はあったのですか。

ご主人:興味はそんなになかったのですが、もともと実家のテーブルが天然木一枚板だったんです。
だからものすごく楽しみにしていました。

 

インタビューアー:天然木一枚板を使ってどんな家にしたかったですか。

奥さま:はじめてオープンハウスに行かせてもらったときにカウンターとかいろんなところに使ってはるのを見て、その時点でダイニングテーブルにしたいって決めていました(笑)

インタビューアー:今回天然木はどちらに使いましたか。

ご主人:ダイニングにウォールナットと和室のカウンターに使っているモンキーポッド即決でした。

奥さま:見てすぐに「これっ!」て(笑)
いろいろ見させてもらったけどその日じゅうに決めました。

 

インタビューアー:こちらの天然木を選ばれたのはどうしてですか。

ご主人:自然な感じに真っ直ぐで、すごくきれいでした。

奥さま:この木目や模様がきれいでした。

 

インタビューアー:天然木の感想をお願いします。

ご主人:感無量でございます(笑)

奥さま:早くここでご飯を食べたいです。

天然木のカウンターとカウンター|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家

 

インタビューアー:穂高住販の対応で良かった点はありますか。

ご主人:悪いところがなさすぎて良かったところしかないです。
いろんなアドバイスだったり提案をしてもらったり、完成するまで本当に親身になって二人三脚でやって来れました。

奥さま:担当の方みなさんどの方も、こうしたいと言ったことに対して無理ですって言われなかったし、周りに家を建てるという人がいたら絶対すすめたいです。

 

インタビューアー:新しいお家でやりたいことはありますか?

ご主人:楽しく生活できたらいいなと思います。

奥さま:家族の時間も大事にしたいですし、お友達家族を呼んでホームパーティをしたいです。

 

インタビューアー:これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:やりたいことは遠慮せずに言ったら協力してくれはるので言ったらいいと思います。

奥さま:こんなんやりたいとかがあったら、写真だったりイメージを伝えるとそれを形にしてくれはるので、とにかくアウトプットです(笑)

インタビューアー:ありがとうございました。

セレモニーでスタッフとの記念撮影|京都・大阪・滋賀の注文住宅 天然木の家