平屋に中庭を作ると開放的な空間を創造できる以外に、部屋から見える景色が暮らしに彩りを与えるなどのメリットがあります。そのため、中庭のある平屋に憧れを持っている人も多いでしょう。この記事では平屋に中庭を作りたい人向けに、間取りのタイプやメリット、注意点などを解説します。

施工事例はこちら 施工事例はこちら

中庭とは?

中庭とはなにか

中庭とは建物や壁に囲まれた庭のことで、中庭のある家は「コートハウス」とも呼ばれています。建物や壁で2方向以上囲われていれば中庭と判断されるので、4方向すべてを建物や壁で囲まれている必要はありません。中庭の用途はさまざまで、たとえば植栽をせずにスペースのみを確保して、多目的スペースとして活用している住宅もあります。

また「光庭」や「坪庭」、またスペイン住宅では「パティオ」といわれることもありますが、坪庭は中庭に比べて規模が小さいため、観賞用としての用途がメインです。ちなみに中庭が注目されるようになったのは、近現代の話ではありません。京町屋をはじめ、中庭を設けた間取りを採用している日本家屋はたくさんあり、趣や風情を感じられる住宅にすることができます。

 

平屋に中庭を作るメリット

平屋に中庭を作るメリットとは

平屋に中庭を取り入れることで、暮らしが豊かになるといえます。では、どんな点において暮らしが豊かになるのでしょうか。ここからは、中庭を作るメリットについて紹介します。

 

採光性と通風性に優れている

庭に面している部屋を複数作ることで、採光や風通しをよくすることができます。平屋の場合、建てる土地の形状や広さによっては、窓を設けただけでは採光しにくいケースもあるかもしれません。しかし中庭を設ければ、さまざまな方向から自然の光を採り入れられるので、部屋を明るくすることが可能です。

また同様に、窓数が多ければ風の通り道を確保でき、季節ごとに変わる風向きにも対応できるメリットもあります。風通しが良くなれば気分的にプラスの作用が働くのはもちろん、湿気がこもりにくいため結露やカビなどの発生を抑えられます。

 

プライベートな空間が確保されやすい

道路に面する土地に家を建てる場合や、近隣との距離が近い場合、庭を作っても外からの視線が気になることもあるでしょう。その点、中庭であれば壁に囲まれているため周囲からの視線を遮ることができ、プライベートな空間を確保できます。外から家の中の様子が見えないことで、防犯にもつながります。

また中庭に洗濯物を干せば、外から干している洗濯物が見えない点もメリットです。特に平屋の場合は1階にしか干すスペースがないので、洗濯物をどこに干すかという問題で悩む人も多くいます。そんなときにも中庭が活躍します。

 

開放感のある空間になる

中庭は庭と家を一体化した空間のため、家全体が開放的になりやすいのが特徴です。リビングダイニングと中庭をつなげると奥行きが生まれ、実際の広さよりも広く感じさせてくれます。また、中庭に面したところに大開口窓のリビングダイニングを設置すると、部屋の中にいても空間の開放感が増すのもメリットです。

 

子どもが安全に遊べるスペースになる

中庭があれば、小さな子どもが安全に遊べるスペースとして活用できます。リビングダイニングと中庭をつなげれば、家事や料理をしていても子どもの様子に目が届きやすいでしょう。

外からの視線も遮れるため、夏場には子どものプール遊びにも最適です。家族でBBQをする際も、周囲に気兼ねなく楽しめます。庭と違って子どもやペットが道路に飛び出す心配もないうえ、不審者に声をかけられにくい点もメリットです。

 

中庭が作れる平屋の3つの間取り

中庭が作れる平屋の3つの間取りとは

中庭を作るメリットを押さえたところで、平屋ではどんな間取りで中庭が作れるのかも知っておきましょう。そこで、3つの間取りについて解説します。

 

コの字型

コの字型とは、3面が建物に囲われている間取りのことで、上から見るとカタカナの「コ」の形状です。庭を完全に取り込む形ではないものの、ほどよく視線は遮れるうえ、1方向の壁がないため開放感も生まれます。

ただし、コの字型にすると中庭が間取りの中心部分に来るため、どの方向に向けてコの字にするかが大切です。たとえば道路に面する立地なら、道路と反対側の面に中庭を設けるようにすることでプライバシーを守りつつ、開放感を得られます。

 

ロの字型

ロの字型とは、中庭の4面すべてが建物で囲われている間取りのことで、上から見るとカタカナの「ロ」の形に見えます。全面が囲まれているため外からの視線は完全に遮ることができ、平屋のなかで最もプライベートな空間が作りやすい間取りです。

その反面、開放感が生まれにくい形状なので、窓と壁の配分を考慮してデザインすることが大切です。また中庭に雨水がたまりやすく、じめじめした空間になりやすいため、設計の時点で水はけについてしっかり考えておきましょう。

 

L字型

L字型は、中庭の2面が建物で囲われている間取りのことで、囲われている部分が少ないため、3つの間取りのなかで最も開放的な住まいになります。ただし、囲われている部分が少ないのは外からの視線が気になりやすいというデメリットにもなるため、視線を遮る工夫が必要です。

L字型に配したテラスやウッドデッキが各部屋につながることで、どの部屋からも中庭に出られるメリットも見逃せません。家族の距離感も近くなるうえ、各部屋に自然光が入り込むので家全体が明るくなります。

 

平屋に中庭を作る際の注意点

最後に、中庭を作る際に気をつけるべきポイントを解説します。

 

生活しやすい動線にする

平屋で暮らすメリットは生活動線が短いことですが、中庭を作ることで生活動線が複雑になったり長くなったりするケースもあります。たとえば住宅の中央に中庭を配置すると、中庭を中心にグルグル動き回る生活動線になってしまいます。

中庭を通れば各部屋に近いとはいえ、雨の日や寒い日、暑い日などは一旦、中庭に出るのも面倒に感じられるでしょう。そのため中庭を生活動線の中心とせずに、効率的な動線を考える必要があります。また中庭を大きくすると、自ずと生活スペースが狭くなってしまうので、設計時点でしっかりと考慮して間取りを決めましょう。

 

間取りによっては建築費用が高くなりやすい

平屋は基礎や屋根の面積が2階建てに比べて大きくなるため、建築費用が高くなります。一般的に、建物は外側に凹凸が増えるなど、複雑な形になるほどコストが上がります。

中庭を作れる平屋の間取りのなかで、建築費用が高くなるのはロの字型です。ほかのタイプよりも壁や窓が多くなり、排水計画も必要となるため、間取りを考える際は費用についてもしっかり住宅会社に確認しましょう。

 

近隣からの視線を考慮する

家づくりでは、快適な住環境にするための間取り計画が重要ですが、プライバシー保護の視点も重要です。中庭を配置する場所によっては、近隣の2階建て住居から中庭が丸見えになるリスクもあります。上からの視線は忘れがちですが、プライバシーを守れる間取りにすれば、中庭のメリットを最大限活かせるでしょう。

 

一級建築士が在籍する「天然木の家HODAKA」で暮らしを豊かにできる平屋を建てよう

平屋に中庭を作ることで日常的に自然を感じる生活が過ごせるため、暮らしを豊かにできます。とはいえ、中庭を作る際には気をつけるべきこともあるので、平屋に中庭を作る際は実績がある住宅会社に依頼するのが安心です。

京都府・滋賀県・大阪での家づくりを検討しているなら、プロである一級建築士のいる「天然木の家HODAKA」に相談してみましょう。「天然木の家HODAKA」では、仲介手数料が掛からない土地に平屋を建てられるため、建築費用も抑えられます。

天然木の家HODAKA 
無料注文カタログのお取り寄せはこちら