用途地域によって土地にどれくらいの大きさの家が建てられるか違う?

マンション・土地・一戸建てなどのすべての不動産に記載されている用途地域。

いろいろな種類がありますが『いまいちわからないな』ってことありますよね?そんな用途地域について詳しく説明いたします!

天然木の家の施工事例を見る

用途地域とは

地域地区のうち最も基礎的なものであり、都市全体の土地利用の基本的枠組みを設定するもの。住居、商業、工業などを適正に配置して機能的な都市活動を確保するともに、建築物の用途や容積率、建ぺい率、高さなどの形を規制・誘導し、秩序あるまちづくりに大きな役割を果たすもの。

住居系・商業系・工業系に分かれていて、それをさらに細かく12種類の区分に分類した地域を用途地域といいます。
(詳細な区分は以下をご覧ください)
家を建てる際に、その土地にどれくらいの大きさの家が建てられるかを定めたのが、12種類に分類された用途地域です。それぞれの地域ごとに建築制限が設けてあります。工業専用地域以外はどこでも家を建てることができます。比較的規制の緩い工業、商業地域に対して住宅地は規制が厳しくなっています。特に低層住居専用地域は最も厳しい規制によって守られています。また都道府県知事が指定し、計画的に街づくりを行なう区域を都市計画区域といい、市街化区域と市街化調整区域に分けられ、市街化区域には家は建てられますが、市街化調整区域には原則として宅地造成などの開発を含めて、一般住宅の建築はできません。
※ただし、農家住宅等や開発許可を受けている場合、またすでに建物が建っている敷地では例外的に家を建てることができます。

用途地域の詳細な区分

① 第1種低層住居専用地域
低層住宅のための地域です。
住宅や小規模なお店、事務所を兼ねた住宅、小中学校、診療所などが建てられます。

② 第2種低層住居専用地域
主に低層住宅のための地域です。
第1種低層住居専用地域に建てられるもののほか、床面積が150平方メートル以下のお店などが建てられます。

③ 第1種中高層住居専用地域
中高層住宅のための地域です。
第2種低層住居専用地域に建てられるもののほか、病院や大学、床面積が500平方メートル以下のお店などが建てられます。

④ 第2種中高層住居専用地域
主に中高層住宅のための地域です。
第1種中高層住居専用地域に建てられるもののほか、床面積が1,500平方メートル以下のお店や事務所などの利便施設が建てられます。

⑤ 第1種住居地域
住居の環境を守るための地域です。
第2種中高層住居専用地域に建てられるもののほか、床面積が3,000平方メートル以下のお店・事務所・ホテルなどが建てられます。

⑥ 第2種住居地域
主に住居の環境を守るための地域です。
第1種住居地域に建てられるもののほか、床面積が10,000平方メートル以下のお店・カラオケボックスなどが建てられます。

⑦ 準住居地域
道路の側道地域にふさわしい施設と、住宅との調和を図るための地域です。
第2種住居地域に建てられるもののほか、床面積が200平方メートル未満の劇場などが建てられます。

⑧ 近隣商業地域
住宅周辺で日曜品の買い物などをするための地域です。
住宅の他、床面積が10,000平方メートルを超えるお店・カラオケボックスなどが建てられます。

⑨ 商業地域
銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域です。
住宅や小規模の工場も建てられます。

⑩ 準工業地域
主に軽工業の工場やサービス施設等が立地する地域です。
危険性、環境悪化が大きくない工場や、住宅・お店などが建てられます。

⑪ 工業地域
どんな工場でも建てられる、主として工業の利便を増進するための地域です。
住宅や床面積が10,000平方メートル以下のお店は立てられますが、学校・病院・ホテルなどは建てられません。

⑫ 工業専用地域
工場の為の地域です。
どんな工場でも建てられますが、住宅・お店・学校・病院・ホテルなどは建てられません。

新しくなった施工事例集を無料で取り寄せる